風のある暮らし

東京から田舎へ。子供と2人でのんびり暮らしています。

果物についているネットは捨てずに洗い物に再利用

スポンサーリンク

カレーやミートソースの洗い物、どうしていますか?うちではスポンジの代わりに主にコレを使っています。

 

f:id:aokamizu:20180309152740j:plain

リンゴや梨を保護するネットです。

 

ネットの網がギトギト汚れをからめとってくれるので、この段階でかなりの汚れは落ちてしまいます。

 

洗い残しが気になるときはいつものスポンジで仕上げ洗いをすればいいだけ。スポンジへのダメージも最小限におさえられます。

 

他にもシンクを磨いたり洗面台を磨いたり。なにげに色々使えるので、うちでは重宝しているお掃除グッズです。

 

さらにいいところは、一度使ったらポイできること。元々ゴミになるはずだったものなので、そこはなんのためらいもなくポイできます。

 

なので、たまりすぎて保管に困るなんてことにもなりません。基本あっても4個か5個。おしゃれにかわいく、豆腐の空き容器に立てて入ってます。

 

写真を撮ろうかと思いましたが、あまりにもにじみ出る生活感に思いとどまりました。豆腐の空き容器もネットがなくなればなんのためらいもなくポイできるので、つい水回りの入れ物に使ってしまいます。

 

先日もうちにネットつきのりんごが1個あったので、ネットストックがもう1個増えるのを楽しみにしていました。

 

ある日、おやつに子供がりんごを切ってムシャムシャ食べていたので、「あ、ネットは?」と聞くと、「あ!」という顔。

 

どうやら網をブチブチと粉々にした状態でゴミ箱に捨ててしまったよう。無残な姿になったネットを見て思わず「あーーー!!」と残念がる私。

 

「ごめんなさい。。」としょんぼりする子供。

 

たかだかネットをそこまで楽しみにしていた自分に笑えてきて、そのことを知っているからしゅんとする子供にもさらに笑えました。

 

ネットありきじゃないから。ネットはついでね、ついで。と自分に突っ込みました。

 

もしみなさんの家にもネットがあったら、ぜひ洗い物に試してみてください。