風のある暮らし

東京から田舎へ。子供と2人でのんびり暮らしています。

山芋のスライスをフライパンで焼くだけレシピ

スポンサーリンク

これを嫌いな子供はいない。というくらい、これを出しておけば食べない子供はいなかった一品です。

 

材料

・山芋

・オリーブオイル

・塩(お好み)

  

作り方

① 山芋の皮をむいて、2mm~5mmの厚さのスライスにします。生で食べられる野菜なので、厚さはバラバラで大丈夫です。

f:id:aokamizu:20180321143429j:plain

 

②フライパンにオリーブオイルをひいて、スライスした長芋を並べて中火より強めで焼きます。中までじっくり火を通す必要はないので、表面に焼き目をつける感じです。

f:id:aokamizu:20180321143608j:plain

 見ての通り、厚さバラバラです。

 

③両面こんがり色づくまで焼きます。

f:id:aokamizu:20180321143713j:plain
f:id:aokamizu:20180321143734j:plain

出来上がりです。見た目はもういつものことですが。おいしいんですよ、ほんとに。塩を振ってもいいし、なくてもおいしいです。

 

厚めにすると、中はホクホクっとなります。薄めだとカリっとはならないですが、チップス感が味わえます。

 

「お腹すいた~ごはんまだ~」というようなときに一足お先にこれだけ出す時も。振り向くとだいたい全部なくなっています。他のお友達が遊びに来た時もあっという間になくなるほどこれは好評でした。

 

滋養強壮効果もある栄養満点の山芋ですが、アレルギーのある人もいるので気を付けてくださいね。

 

カットした山芋の保存期間は冷蔵庫で1週間、冷凍で1か月です。山芋は自分で適量を買っているので、だいたい1週間以内に食べきってしまいます。

 

今回は1/2本を購入して、その半分をスライス焼きにしました。すごい勢いで食べる子供の隣で、なんとか数枚ありつけるのが精一杯。

 

結局、子供ってシンプルな食べ物が一番好きなのかもしれません。ということにしたい母でした。