風のある暮らし

東京から田舎へ。子供と2人でのんびり暮らしています。

作業時間10分。あとは炊飯器にお任せの簡単米粉パン

スポンサーリンク

米粉パン、私も子供も大好きです。卵も乳製品も使わないので、最低限の材料で作れます。しかも、小麦粉で作るより簡単なので、思い立ったらすぐに作れるのも魅力のひとつ。

  

レシピは、「多森サクミ」さんの「炊飯器で超かんたん ふんわり米粉パン」という本をいつも参考にしています。 今回は「くるみパン」を作ってみました。

f:id:aokamizu:20180319210710j:plain 

 

材料

  • 米粉ー250g
  • 砂糖ー大さじ1 (うちはてんさい糖かメープル使用)
  • 塩ー小さじ4分の3
  • 植物油ー大さじ(うちはなたね油使用)
  • 白神こだま酵母ドライー小さじ1
  • ぬるま湯(人肌35℃前後)ー230g
  • くるみー30g(うちは無塩の生くるみ使用/レシピでは軽く乾煎りとありますが、私は面倒なので生のまま生地に混ぜてしまいます)

 

作り方

①  白神こだま酵母ドライをぬるま湯大さじ1(上の分量から取り分け)で溶かして5分待ってよく混ぜたらすぐに使えます。

f:id:aokamizu:20180219232253j:plain

楽天で購入しました。  

② 釜の中に白神こだま酵母ドライ以外の材料を全部入れてヘラでザっと混ぜます。

③ ①と②を合わせてヘラで2分よく混ぜます。

 ここまでで10分。ここからは炊飯器のお仕事です。

④ 生地を炊飯器に流し込んだら保温機能を利用して生地が2倍に膨らむまで発酵させます(うちのにはないですが発酵機能や35℃に温度設定ができるものはそちらで)。

 ※炊飯器のメーカーによって必要な保温時間は違いますが、うちの象印の場合は、2分保温したらスイッチを切ります。15分後や30分後に再度炊飯器の中の温度を手で確認して温度が下がっていれば再度保温スイッチON→2分後にOFFを繰り返します。

f:id:aokamizu:20180319210845j:plain

寒すぎるせいか、1時間後にやっと発酵しました。

⑤ 「炊飯」ボタンを押して、焼き上がりを待つだけです。

f:id:aokamizu:20180219230802j:plain

出来上がったら釜を逆さにするとスルンとパンが出てきます。

f:id:aokamizu:20180219230524j:plain

切り方もやはり雑な私です。

 

まとめ 

ほわほわしっとりしていて、ほんのり甘くて蒸しパンのようです。米粉なのでお腹にもたまります。私のお昼ご飯と子供のおやつになりました。